東工大ライセンスソフトウェア提供サービスの概要

キャンパスアグリーメント(CA)とは

キャンパスアグリーメント(以下CA)は、従来のライセンスのようにパソコンの台数に対してライセンスを発行されるものではなく、契約機関に所属する利用者(教職員・学生)の人数に対してライセンスが発行される非永続なボリュームライセンス契約です。

 

東工大提供ウィルス対策ソフトライセンスとは

Symantec社と東工大との契約は、東工大のネットワークに接続する端末に限定して適用される、非永続なライセンス契約です。

 

対象者:

・アクセスカード、入館カードを除く、東工大ICカード身分証保持者  
(詳しくは東工大ICカードに関してを参照)

 

対象コンピュータ(技術仕様を満たすもの):

・大学経費で購入した大学所有のコンピュータ (大学の物品及びレンタル品含む)
・対象者が保有する私物コンピュータ 
ただし一人あたりOfficeのいずれかのバージョン1つを1台、OSのいずれかのバージョン1つを1台。
Symantec社製ウィルス対策ソフトについては、東工大学内LAN(VPN接続を除く)に接続する端末のみ。

 

提供方法:

身分や所有者によって異なります。詳しくは各ソフトウエアのページをご参照ください。

 

利用可能な期間:

本学とマイクロソフト社の契約期間中
現在の契約期間 2017年4月~2018年3月 *今後契約は継続される可能性も中止される可能性もあります。

本学とシマンテック社の契約期間中
現在の契約期間 2017年4月~2018年3月 *今後契約は継続される可能性も中止される可能性もあります。

 

ページTOPへ
Copyright (C)  TOKYO TECH SOFTWARE SERVICE. All Rights Reserved.